会則

machikon_logo.png

top.pngtop.pngmachikontoha_1.pngmachikontoha_1.pnggaiyou_1.pnggaiyou_1.pnglist_1.pnglist_1.pngkaisoku_1.pngkaisoku_1.pngtoiawase_1.pngtoiawase_1.png

「日本街コン協会」会則

第1条 名称
本会は、「日本街コン協会」という。

第2条 目的
(1)本会則は社団法人日本街コン協会(以下「協会」という)定款に基づく会務の執行と
業務
の円滑な運営を具体化するための規則を定めることを目的とする。
(2)協会の設立は地域経済活性化と少子化対策を目的に開催されている全国各地の街コ
ンイベント
が健全に継続されて運営できる為の支援を行う事によって日本の繁栄に貢献する事を
目的とする。

第3条 業務
本会は,第2条の目的を達成するため,次の事業を行う。
(1)街コンに関する情報の発信事業。
(2)情報交換、交流の場の創出事業。
(3)開催地区の普及および支援事業。
(4)その他、必要と認められる事業。

第4条 会員
(1)本協議会の目的及び事業に賛同する街コン主催者団体を会員とする。
(2)協会が特に認める団体・機関、個人等は、会員外であっても、理事会の承諾に
よりオブザーバとして協会に参加することができる。

第5条 会員の権利義務
(1) 会員は次に定める権利を有し、義務を負う。
ア. 会員は協会が主催し、または推薦する集会その他の行事に参加することができる。
イ.会員は 協会が発行する認定マーク及び協会名を使用する事ができる。
ウ. 会員は街コンの健全化に努め、質の向上を図らねばならない。
エ. 会員は定款に定めた義務を順守しなければならない。
オ. 会員は住所、氏名および連絡先を協会に届ける事とし、変更の際も届け出なけれ
ばならない。

(2)入会手続
正会員の入会の手続きは次の通りとする。
ア. 入会申込書に必要事項を明記し協会に提出すること。
イ.入会金および会費を納入しなければな
らない。
ウ.入会金及び会費は協会が定める会議(街コンサミット)により決定をする事とする。

第6条 事務局
協会の事務局は、会長指定の場所に置く。

第7条 構成
(1) 協会に次の役員を置く。
ア会長 1名
イ副会長 2名
ウ理事 10名以内
エ監事 1名
(2) 役員は,次により選出する。
ア会長は理事の互選とする。
イ副会長は理事の中から会長の指名とする。
ウ理事は会員から選出された者をもって充てる。
エ監事は総会において選出する。
(3) 役員の任期は総会の翌日から2年後に始めて行われる総会日までとする。ただ
し,補欠による役員の任期は前任者の残任期間とする。
(4)前条の役員の職務は,次のとおりとする。
ア会長は,協会を代表し,会務を総理する。
イ副会長は会長を補佐し,会長に事故あるときは,会長があらかじめ指名した副
会長がその職務を代行する。
ウ理事は,理事会においてその必要な事項を審議するとともに,会務の執行に当
たる。
エ監事は,協会の会計を監査する。

第8条 会議
会議は定時総会及び役員会とし会長がこれを招集し、その議長となる
その他必要に応じて臨時総会を招集する。
ア 定時総会  毎年事業年度終了後3ヶ月以内に開催する。
イ 理事会    第6条の理事をもって構成する。
ウ 臨時総会  理事会が必要と認めたときに会長が招集する。 

第9条 総会
総会の議決は出席者の過半数によることとし、次の事項を審議する。
(1) 事業計画及び報告ならびに運営に関すること
(2) 予算及び決算に関すること
(3) 会則の改正に関すること
(4) 理事および監事の選出に関すること
(5) その他,重要と認められる事項

第10条 理事会
理事会は会長,副会長及び理事をもって構成し,次の事項を処理する。
ただし,会長が必要と認めた場合,監事を出席させることができる。
(1) 総会に付議する事項の審議に関すること
(2) 総会の議決により委任を受けた事項に関すること
(3) 第 3条に掲げる事業の企画立案に関すること
(4) その他,会長が必要と認めた事項

第11条 賛助会員
(1)協会の事業の推進を図るため,第2条に記された目的に賛同する企業を賛助会
員として入会させることができる。
(2)賛助会員は協議会の事業について総会に出席して意見を述べることができる。

第12条 退会
会員が本協会を退会するときは、別に定める退会届を会長に提出しなければな
らない。退会する前に納めた会費については、返還しない。

第13条 除名
会員が次の各号の一に該当するときは、総会において正会員数の
3分の 2以上の議決を得て、これを除名することができる。除名される前に納めた会費
について
は、返還しない。
(1)本協会の規約又は会費規程に違反したとき
(2)本協会の名誉を毀損し、又は本協会の目的に反する行為をしたとき

第 14条 経費
(1)協会の経費は、会費及び寄付金並びにその他の収入をもって充てる。
(2)協会の参加会費については適時にて別途定めるものとする。
(3)経費に関して年度末に支出入について予算書を作成の上、全会員に公開する。

第15条 会計年度
協会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終るものとする。

第16条 その他
この会則に定めるものの他、協会の運営に必要な事項は、協会において定める。

附則
(1)この会則は協会の設立の日(平成24年9月25日)から施行する。
(2)協会の設立当初の会計年度は、第7条の規定にかかわらず、協議会の設立の
日から平成25年3月31日までとする。